パソコンインストラクターがMOSを取得したときの勉強法

パソコンの入力ができる方であれば、スクールに通わなくてもテキストを使って独学で受験することが出来ます。
今は、大学生は就職活動をする前にWORDとEXCELは受験するのが当たり前になっています。企業によっては、全員取得を徹底しているようです。
勉強法ですが、FOM出版のテキストまたは日経BP社のテキストがよいでしょう。2冊を勉強するとより自信を持って受験できます。
不安な方は、テキスト内容を隅々まで学んでから模擬試験を繰り返し行うとよいでしょう。試験範囲のすべてが網羅できます。
合格のみに絞って短期間で取得したい場合は、最初から模擬試験を中心に行うとよいでしょう。模擬試験を繰り返すことにより、試験用の勉強ですが合格することはできます。
ただし、MOS試験(2010バージョンまでは)独特です。合格しても実務には結びつきません。しっかりと機能を学ぶには、FOM出版と日経BP社テキストをしっかりと勉強した方がよいでしょう。
2013バージョンからは試験形式が変更になりました。こちらは成果物を作成するようになり、途中でわからなくなったり、間違えた際には、完成できません。ですが、内容はこちらの方が実務に役立ちます。
仕事に役立つかは、職種にもよると思いますが、WORDとEXCELは中学生でも勉強することなので、今では出来て当たり前です。
私はインストラクターの仕事ですので、MOS試験もバージョンごとに受験しています。
アドバイスもすることがある為、絶対に必要としています。